八柱霊園の墓じまいについて

 

 

 

こんにちは

㈱石良の磯崎です。

今回は、最近特にお問い合わせが多くなりました、

「八柱霊園の墓じまい」についてお話をさせていただきます。

 

※写真はお寺で行った墓じまいのものです。

 

墓じまいとは?

 

まず墓じまいを考えている方は、どういったものか大体ご理解のうえ

行動に移そうと考えておられるかと思いますが、「墓じまい」という言葉も聞いたことのない方にも

分かりやすくご説明させていただきますね。

 

墓じまいとは・・・

 

  ○自分が最後で、跡取りがなく、今後お墓を見る方がいない。

  ○今のお墓のタイプから納骨堂や永代供養墓に移そうと考えている。

  ○田舎からお骨の改葬(引越し)をするため、田舎のお墓を片付けたい。

 

  などの理由から、今現在使用しているお墓からお骨を出して

  改葬(お骨の移動、引越し)を行い、今のお墓を解体処分、更地に戻して、

  墓地管理者にお墓の場所を返還することです。

 

 

 

墓じまいが増えている!?

 

昨今では、少子高齢化や核家族化も進み、跡取りも女の子だけで嫁いでしまうなど

様々な家庭環境の中で、昔と違い家を代々継ぐことも難しい時代になりました。

以前よりお墓の解体というものはありましたが、最近は顕著に件数が増えていると実感します。

 

そこには代々息子が継いで見ていくという「旧来のお墓の守り方」から、

子供たちに負担を残したくないという親心の変化の中で、自分たちは自分、子供は子供

という「個人尊重の時代の変化の現れ」という側面がみてとれます。

 

 

墓じまいでトラブル?

 

しかし簡単にお墓を壊すといっても、それに伴うトラブルもよくあるようなので

細心の注意をしながら進めることが大切になります。

 

墓じまいに関するトラブル例

 

  ○お墓を墓じまいする為に、田舎のお寺に行ったら「離檀料(りだんりょう)」を請求された。

  ○墓じまいのためにお骨を出す場所を決めたが、親族が反対している。

  ○田舎のお墓を管理している遠縁の親戚が反対している。

  ○若くして亡くなった親族の子供が入っているが、そろそろ出してくれとは言いにくい。

  などなど、トラブルになる前のものもありますが、手続きや順番を間違えると、関係者の反感を

  買うこともあり、細心の注意が必要なのです。

 

そのためにはお骨を出してあげることや、新しい場所へ移動することなど様々な手続きも必要となります。

 

石良では、お客様からご希望や今後どのように先祖のお骨を祀る考えがあるかなどをお伺いして

お客様にあった護り方をまずご提案しております。

 ※石材店だからお墓にしなさいとは言いませんので安心して下さいね。

 

お客様から遠方のお墓を墓じまいして、自宅から近隣のお墓に改葬(お骨の引越し)をしたいという相談も多くなりましたが、まず跡取りの問題や、どこまでの先祖を連れてくるかによっても祀り方は変わりますし、もしお子様がいないご家庭では、お墓を建ててもご自身の代で終わってしまいますので、納骨堂や永代供養墓をお探しすることもおすすめしております。

 

改葬につきましては改めて別の機会にお書きしますね。

 

 

 

墓じまいにかかる費用

 

皆さんはお墓を建てる時は高いと思っていると思いますが、ではお墓を壊す「墓じまい」には

いくらぐらいかかるでしょうか?

お墓を壊すには、もちろん石材店に支払う費用はありますが、それ以外にもお寺に払う費用や、

お骨をどうするかによって、市役所の諸手続きが必ず必要になります。

 

墓じまいにかかる費用 内訳

○石材店にかかる費用

 

 ・お墓の解体作業、基礎コンクリート撤去、埋め込みカロート(納骨室)の撤去

 ・壊した石材、コンクリートガラ、残土の処分や残土の追加費用

 ・移動式カートクレーン、石材運搬車、コンクリートブレイカー等の重機使用料

 このように石材店に支払う内容でもこのような内容になると思います。

 

 費用目安として、お墓の大きさや、つくりなどにもよりますが、25~40万円位の

 方が多いです。 

 

○お寺にかかる費用

 

 ・お墓の閉眼(魂抜き)法要 お布施

 

 費用目安として、古くからの付き合いがある場合や、地方によってばらつきはあると思いますが、

 弊社でご依頼される場合の目安は、2~10万円位が多いようです。

 ※お骨の移動先でも同じように開眼(魂入れ)法要が必要となります。

 

○お骨の改葬に伴う手続き

 

 ・改葬許可申請

 ※改葬許可の申請は、大した費用はかかりませんが、元々のお骨があった市区町村で

  改葬の許可申請書類を取得し、必要な情報を記入の上、現在の墓地と新しいお骨の

  納め先の印鑑などが必要となり手間がかかります。

 

 

最後に

 

詳しい内容や、自分のお墓の場合はいくらでできるかなどありましたら、

無料にてご相談承りますので遠慮なくお気軽にお声掛け下さい。

その際は、お墓の場所、大きさ、できましたら写真なんかあると助かります。

場所によっては重機が入らず、手作業ということもありますので。

宜しくお願い致します。

 

墓じまい施工例はこちら

  • 施工事例
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • よくある質問
  • 資料請求
お墓の必要性とは
仏事に関する行事
  • 霊園・墓地を探す
  • お寺を探す