現在の姓と旧姓のお墓を一緒にしたものを作りたいのですが・・・(両家墓)

少子化の理由などから、長男・長女の結婚が増え、両家の墓を守らなければならないケースからここ最近増えてきました。

 

今後はますます増加するといわれており、最近では女性でもお墓の跡取りとして認めてくださる寺院も増えてきました。
しかし両家のお名前をお墓に残しても、次の代もまた・・・ということにもなりかねません。
このように家名を「○○家之墓」という彫刻をしてしまうと一人娘の嫁ぎ先によって家名がかわるというケースが大分増えてきましたので、当社ではこのようなケースの際は「先祖代々之墓」と彫刻するようにおすすめしています。

  • 施工事例
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • よくある質問
  • 資料請求
お墓の必要性とは
仏事に関する行事
  • 霊園・墓地を探す
  • お寺を探す