「お墓リフォーム」 香炉の交換、種類について

こちらのページではお墓の直し、補修、リフォームとして

香炉が古く使いにくい。

という内容に付いてご説明します。

 

 

香炉の種類

 

香炉といっても様々な種類があります。

香炉とはお線香をお墓に手向ける為の仏具になります。

ですからお寺の本堂でお焼香をする際に使うのも同じく香炉になります。

 

本題ですが、お墓の石でできている香炉でも「掃除で動かしたら欠けてしまった」「風化がすすみぼろぼろになっている」など様々ご相談をいただいています。

昔の香炉は線香をそのまま針が出ているところに刺すタイプもありましたが、最近では石をくりぬいて、横穴の開いている香炉に寝かせてお線香を収めるものが主流となっています。

また形として主なものは「くりぬき型」「宮型」「経机型」などの種類があります。

線香を立てるタイプですと、お線香の灰が下に落ち、お墓が汚れたり、雨が降るとお線香が消えてしまいますが、寝かせて横穴に入れるものはそのような心配はいりません。

風が強くても、火の粉が外に飛びにくいので安全です。

 

このような場合の対処法

 

香炉は先ほど申し上げたように、交換するしかありません。

 

 

費用目安

 

全ての香炉に設置費用、旧香炉処分が含まれます。

 

●白御影石(G623)

 くりぬき型・・・・19,500円

 経机型・宮型・・・33,500円

 

●黒御影石(クンナムE)

 くりぬき型・・・・29,500円

 経机型・宮型・・・43,500円

 

全てにステンレス製香皿が付属します

 

ステンレス香皿だけ・・・1,500円

 

※別途消費税がかかります。

※別途お墓が遠方の場合は実費がかかります。

 

あわせてこちらもご確認下さい

・地震や風化で目地が外れ、石がグラグラになっている。 

・墓地の雑草処理に毎年悩まされる、高齢でできない。

・墓所の中の木を切ってほしい

・花立が壊れてしまった。

・香炉が古く、使いにくい。

・文字のペンキが剥がれて見えない。

・水垢がひどく、お墓が汚い。

・お墓が全体的に傾いている。

・地震が心配だから手を入れておきたい。

・カロート(納骨室)がいっぱいで新しい仏様が入る場所がない。

・カロート(納骨室)が水でいっぱいになってるかも、心配だ。

・墓守が替わり、姓が替わったので文字を直したい。

・今後車椅子でもお墓参りできるようにしたい。

 

○石良「お役立ちコラム」

    トップページ

   ○石良「お役立ちコラム」

    八柱霊園での安い納骨費用、彫刻費用について

   ○石良「お役立ちコラム」

    八柱霊園の安心な墓じまいについて

   ○石良「お役立ちコラム」

    29年度 八柱霊園の募集が始まりました!

   ○石良「お役立ちコラム」

    地域によってルールが違う?納骨の方法と定義とは

   ○石良「お役立ちコラム」

    何時に終わる?何が必要?納骨法要で先に知っておきたいこと

   ○石良「お役立ちコラム」

    お墓に名前を彫る「追加戒名彫刻」「彫り方と種類」

 

 

  • 施工事例
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • よくある質問
  • 資料請求
お墓の必要性とは
仏事に関する行事
  • 霊園・墓地を探す
  • お寺を探す