お墓のリフォームが必要な目安は?かかる費用や注意点について解説

お墓のリフォームが必要な目安は?かかる費用や注意点について解説

 

お墓も年数が経過すると、どうしても痛みや汚れが気になってきます。そんな時、お墓を建て直そうと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、費用などのことを考えると簡単にはできないといった悩みもあるでしょう。

 

そこで、先祖代々から受け継いだ大切なお墓をキレイにする方法として、住宅のようにリフォームはできるものなのか、また、その場合の費用や注意するべき点にはどのようなものがあるのかについてご紹介していきます。

 

 

お墓のリフォームが必要な目安

 

お墓は基本的に石材で作られているため頑丈です。そのため、経年劣化したお墓をできるだけ元の暮石を残した状態できれいにするリフォームをすることは可能です。

 

リフォームが必要な目安ですが、墓石にひび割れが確認されたらすぐに行った方が良いでしょう。ひび割れをそのまま放置すると次第に範囲が広がり、墓石がはがれ落ちる原因となってしまい、とても危険です。

 

また、地盤のゆるみなどが原因で墓石が傾くといったこともあります。その場合もいつ墓石が倒れてしまうかわからないといった危険がありますから、早急にリフォームするようにしましょう。

 

 

お墓のリフォーム費用

 

お墓をリフォームしようと考えた場合、費用は一体いくらくらいかかるのか気になるところです。

 

まず、墓石の損傷がある場合は数や程度にもよりますが、相場としては1万円から5万円程度が目安です。小さな傷の場合は耐震ボンドなどの接着剤を使用しますが、大きな傷であれば墓石の交換が必要になります。

 

墓石の傾きを直す場合は軽度の場合でも一度解体して修繕、その後再度設置することになるため、10万円から20万円ほどかかってきます。しかし、さらに大がかりになる場合は基礎工事が必要になってくるケースもあり、その場合はもう少し高額になるので注意が必要です。

 

他には、墓石の汚れを落とす作業で10万円ほど、研磨する場合は一度解体して行うため、20万円から30万円ほどになるでしょう。

 

 

お墓のリフォームは誰がする?

 

お墓をキレイに磨いたりする程度であれば自分で出来そうなどと思いがちですが、やり方を間違えるとキレイになるどころか余計に傷や汚れを作ってしまうことになります。

 

お墓のリフォームをするなら、やはりお墓のプロである石材店に頼むのが一番です。また、自分のお墓がどこにあるのかで石材店の連絡先も変わってきます。

 

まず、民営霊園や寺院に墓地がある場合は出入りできる石材店の業者が決まっていることが多く、お墓を建てた時にお世話になった石材店にお願いする、もしくは霊園の管理者に相談すると石材店を紹介してもらえます。

 

公営墓地の場合は自分の好きな石材店を選ぶことができますが、悪質な業者も存在する点に注意しましょう。

 

 

お墓のリフォームの注意点

 

お墓をリフォームしようと考えた時、注意するべき点がいくつかあります。まずは自分でリフォームの相場をしっかり調べ、把握しておくことが大切です。

 

できればいくつかの石材店の見積もりを取った方が安心です。民営墓地や寺院墓地など石材店が決まっている場合は別として、自分で選べる公営墓地の場合は一つの業者にこだわらず、いくつか見積もりを取ることも必要です。

 

工事の内容や金額などをしっかりとすり合わせることで適切な石材店を選ぶことができ、納得のいくリフォームができるでしょう。

 

 

まとめ

 

お墓は劣化しても建て直す必要はなく、リフォームという方法があります。納得がいくリフォームをするためには費用相場なども把握し、石材店を選ぶ際は複数社で話を聞いたり相見積りをとるなどをして、ご自身に合った業者を選ぶことが大切です。

 

お墓がキレイになることでご先祖様への供養になるだけではなく、ご自身の心もすっきりしますので、ぜひリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

  • 施工事例
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • よくある質問
  • 資料請求
お墓の必要性とは
仏事に関する行事
  • 霊園・墓地を探す
  • お寺を探す