お墓のリフォームの目安と内容は?手続きの流れと費用相場

お墓を選ぶ際のポイント

 

先祖代々受け継いできたお墓、綺麗に保っていたいですよね。しかし、お墓をリフォームしたいと思っても、そのリフォームする目安や費用など、わからないことが多いのではないでしょうか。

 

この記事ではお墓のリフォームの目安や費用についてお伝えします。

 

 

お墓のリフォームとは

 

お墓は設置場所が外であることから、雨風によって経年劣化することもあれば、地震などでひびが入ることもあります。

 

お墓のリフォームとは、極力もとの墓石を残したうえできれいな状態へ復旧させることをいいます。

 

リフォーム内容は墓石クリーニングや外柵のリフォーム、花立て・香炉の交換の費用など、細かい部分までリフォームすることができます。

 

 

お墓のリフォームが必要な目安とは?

 

墓石補修の方法とかかる費用

 

リフォームが必要な目安として、墓石にひび割れが確認されたらすぐにリフォームをした方が良いでしょう。ひび割れをそのまま放置すると次第に範囲が広がり、墓石がはがれ落ちる原因となってしまい、とても危険です。

 

また、墓石の文字が剥げてきて時、線香立てなどの備品が損傷したときにも、見栄えが良くないと感じる場合には、リフォームをするといいでしょう。

 

人の往来が激しいお盆やお彼岸を迎える時期や、法要で故人と親しい方が集まる機会の前もリフォームのタイミングです。

 

 

お墓のリフォームにかかる費用相場と内訳

 

墓石の値段相場

 

お墓のリフォームの内訳とその費用相場は以下のようになります。

・墓石クリーニング:10万円前後

磨きなおし:20~30万円

墓石コーティング:5~15万円

墓石交換:40万円~

・外柵のリフォーム:40万円~

・目地直し:3~5万円

・花立て・香炉の交換:5千~5万円

・カロート(納骨室)のリフォーム:10万円~

・墓誌の作り直し・新設:10万円~

・五輪塔建立:20~150万円

・墓所内コンクリート打ち:3万円~

 

 

お墓のリフォームで必要な手続きと流れ

 

納骨はいつ行うのが一般的?納骨の時期や流れと宗教ごとの違い

 

お墓のリフォームをする場合、石材店に連絡をしましょう。しかし、民営や寺院の墓地か、あるいは公営墓地にあるのかで連絡先が変わってきます。

 

民営霊園・寺院墓地の場合

寺院墓地や民営霊園では、そこに出入りできる石材店が決まっていることがほとんどです。お寺や民営の墓地でお墓を修繕するときは、おおむねお墓を建てるときにお世話になった石材店に依頼することになります。

 

公営墓地の場合

公営の墓地は、どこの石材店でも出入りすることができるので、自分で調査して、好きな業者に直してもらうことが可能です。石材店とは別に、墓石のリフォームを専門にしている業者もあります。

 

見積りをもらってから契約

公営墓地にお墓のお持ちの場合は、複数の石材店から見積りをもらい、一番信用できるところに依頼しましょう。なかには悪質な営業をする石材店もいます。

 

図面や見積りがなく話が進み、工事が終わったあとに法外な工事費を請求をされるというケースがあります。図面や見積りをしっかりと作成し、わからないことには丁寧に答えてくれる石材店を選びましょう。

 

閉眼供養と開眼供養

リフォームの種類によって、閉眼供養をする場合としない場合があります。もし、お墓のリフォームで閉眼供養をしている場合、お墓のリフォームが完了したら、一度抜いた魂やご遺骨を入れる儀式が必要です。

 

侶がお経を読んで、石に魂を入れる開眼供養を行うことで、墓石が礼拝の対象になります。

 

 

まとめ

 

お墓のリフォームの目安や費用についてお伝えしました。台風や地震などの自然災害によって墓石が傷ついた際はすぐに石材店に連絡しましょう。

 

リフォームの費用はお墓の面積によって変動します。石材店に見積りをとってもらい、納得する費用でリフォームして、先祖代々受け継いできたお墓を綺麗に保ちましょう。

  • 施工事例
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • よくある質問
  • 資料請求
お墓の必要性とは
仏事に関する行事
  • 霊園・墓地を探す
  • お寺を探す