国産の墓石と外国産の墓石の違いとは

国産の墓石と外国産の墓石の違いとは

終活という言葉が世間に広まるにつれて、お墓に対する関心も以前に比べて高まりつつあります。中には墓などいらないという意見もありますが、自分がどんなお墓に眠るのかまた故人にどんなお墓を建ててあげたいのかということも考えておきたいところです。

 

今回は、同じお墓でも国産の墓石と外国産の墓石はどのように違うのかということについてお伝えします。

 

国産墓石と外国産墓石の違い

墓石は大きく分けて「国産」のものと「外国産」のものがありますが、選ぶ際にはメリットとデメリットを理解しておくことも大切です。一概にどちらが良いと判断するのは難しいですが、購入する際にはしっかりと事前にチェックしておきたいものです。

 

日本人は「国産」と聞くと何となく安心感や信頼感を感じる方も多いかと思いますが、確かに食料品などにはその考えは当てはまることもあります。また、国産のものは価格面でも高価になる傾向にありますが、「高価=品質が良い」というように感じている方もいるかもしれません。

 

墓石の世界でも国産の御影石などは高価格で品質も高く、耐久性があるというのも大きな特徴です。しかし、基本的には国産も外国産も品質に多少のばらつきはあっても、じつそれほど大きな差はなく、採掘技術や加工技術の差が価格に反映していると言われています。そのため、外国産の墓石が良くないのかというと、けっしてそのようなことはありません。

 

外国産の墓石が安い理由

ただ、やはり外国産の墓石の大きなメリットは、何と言っても価格が比較的安価だというところです。価格が安いと「安かろう悪かろう」といったイメ-ジがどうしてもついてしまいますが、安くてもかなり品質がよい石を見つけることも可能です。

 

外国産の墓石が安い理由は、中国やインドといった品質が良い石が発掘される国は、採石に掛かる人件費や加工費などが日本よりも安価であることが挙げられます。

 

日本で石材を採掘する場合は作業をする方の人件費が高くなるため、どうしても墓石の価格は高くなりますが、海外で石を採掘する際の人件費が日本よりも安いため、加工費も安価に抑えることができます。その人件費の安さが墓石の値段に反映されるため、良い石を安く購入することも可能となるのです。

 

外国産のものでも品質の高い石材が流通している一方で、基準に満たない粗悪な石材も同じ値段で販売している場合もあります。普通に見ても判断がつきにくいため、良い石を見極めて購入するためには、良い石材店を選び、良質な石材を選ぶことが大切になります。

 

まとめ

国産・外国産どちらも特徴があり、メリットやデメリットがあります。墓石は一生に何度もするという買い物ではないので、慌てて選ばずにじっくりと吟味することも大切です。複数の石材店から提案をしてもらうことで、自分なりに納得ができるものが見つかることもあります。

石材店ごとに考え方や提案も異なるため、まずは相性の良い石材店を選ぶことが良い墓石選びをするためには必要不可欠です。

  • 施工事例
  • お客様の声
  • お役立ちコラム
  • よくある質問
  • 資料請求
お墓の必要性とは
仏事に関する行事
  • 霊園・墓地を探す
  • お寺を探す